2019年4月26日金曜日

ウーバーレーティング

このところ日本では忘れられつつあったウーバーだが、配車アプリで存在感を示しつつある。

そんなウーバーの配車アプリの

レーティングで4つ星以下の客はブロックされる(乗車できない)という記事が面白い

UBER WILL SOON BLOCK PASSENGERS WHOSE RATINGS DROP BELOW FOUR STARS


タクシーが少なくなるこれからの時代、こういうの必要やんね。

ドライバーもどんどんレーティングして、モチベーションを高めてもらいたいし、

高レーティングのドライバーは高収入に繋がるような仕組み

が出来ればドライバーの質は間違いなく高まる。

逆に、

マナーを守れない客はタクシーを利用出来ない仕組み

もドライバーの質を維持するためには必要(ひどい客が多いとドライバーやめたくなる)

記事の中で、乗客が

5つ星のレーティングを維持するためのポイント

が示してあって面白い。

Don’t damage the car


車を汚してはいけない。

車内での嘔吐などもっての他!

クリーニング代を請求され、レーティングを下げられます(今後乗車出来ない)


Be friendly


これは面白いね…

運転手を気遣って進んで会話するとレーティングに好影響(ここまで乗客に求めるのはやりすぎかもな…)


Be punctual


これは大事!

呼んだ時間に必ずそこにいること、運転手を待たせないこと!


Don’t take liberties with the law


法をしっかり守ること、乗車定員を超えるような乗車を強要したりはもちろん×やね


これからはドライバーがこういったことを求めていける時代(売り手市場)

なんやろなと感じるね、この業界

2019年4月3日水曜日

タクシーストーリー④~2種免許要請制度

タクシーに乗りたいとは思うものの、免許はなかった。

どうせなら、自分で取って免許持ってタクシー会社に乗り込もうと思ったものの、費用はかかるし、免許を持っていようと持っていまいと「素人」であることに変わりはない。

※2種免許の取得費用は約20万円(合宿)
https://www.mylicense.co.jp/search/license/whatnormal2.php

大抵のタクシー会社では2種免許取得費用の要請制度がある。

これは要するに自己負担なしで2種免許を取得させてもらえるという制度である。

しかしよく、

ただより高いものはない

というが、何か裏があるように勘ぐってしまう。

面接の際に聞いてみた。

「2種免許の要請制度ありとありますが、どのような内容ですか?」

「はい。2種免許の取得は当社の提携自動車学校の合宿に行ってもらいます。期間は8~10日ほどになります。費用は全額を会社で負担します。また自動車学校に行っている期間も研修費として1日1万円を支給します」

「何か話がうますぎる気がするんですが…費用を負担してもらう上に研修費までもらえるんですか」

「はい。合宿地までの交通費はこちらで持ちますが合宿中の食事などは自己負担になるので、そちらに充ててもらったらと。ただ免許を取得した後こちらで最低2年働いてもらわないとその費用を返して頂かないといけません」

「はぁ…やはり縛りはあるんですね。2年以内でやめたときはいくらくらいの費用負担が生じるんですか」

「よく聞かれます(笑)。まずそんなことはないと思いますが、免許を取得してこちらで教習して、極端な話乗務初日でやめてしまったとすれば免許取得費用と研修費等も貸し付けという契約を交わさせてもらうので約30万円ほどの金額になります」

「それは大金ですね」

「はい。ただこちらで免許を取ってもそれはどちらに行っても通用するわけですから、免許だけ取ってライバル他社に行かれてしまえば当社としては損害になるわけですから。そんなことはないと思いますが。ただ乗務を始めて1年で退社されたなら、その半額ほどの負担になります。期間とともに段階的に返済金額は減っていきます」

「2年経ってやめても負担はないわけですね」

「そういうことになります。まあやめることばかり考えないでくださいよ(笑)。2年間で30万円ほどを給料に上乗せで支給するという考え方です。2年も経てば1人前のドライバーになりますから、『見える給与』が上乗せされるはずです」

「分かりました。少し考えさせてください」

2019年3月6日水曜日

タクシーの年収計算

いい加減古い営収をずっとブログに飾ってるので(ほんまに古いな…)、削除しようと思いつつ
せっかくのデータなので、古いとは言え少し分析しておこう

2012年 222-7,249,300(32,655)
1月 17-535,480(31,499)
2月 19-667,910(35,153)
3月 20-710,230(35,512)
4月 19-664,200(34,958)
5月 16-478,650(29,916)
6月 19-599,100(31,542)
7月 19-604,920(31,837)
8月 17-510,790(30,046)
9月 16-501,080(31,318)
10月 23-700,790(30,975)
11月 18-574,310(31,351)
12月 19-697,610(36,716)

これはある地方都市における日勤営収で、1月20乗務が基本の変則勤務体系における営収となる。

これを一般的な日勤(月25乗務)に計算しなおすと1乗務平均は26,124円

都市型の隔勤(月12または13乗務)に計算しなおすと1乗務平均52,248円となる

この隔勤に直した営収が、よく言われる都市部の「日車営収」というやつで、現在東京地区で約5万円(上とほぼ同じ)、大阪地区なら4万円、全国平均にすればもう少し低くなる感じだろう。

年間の営収が720万円として(※5万円の日車営収で月12乗務を1年間続ければ720万円になる)、歩率が60%とすれば、年収は432万円となる。

東京地区なら年収400万は理論上も難しくないということになるが、

大阪地区の日車営収4万円を基準にすると、年間営収で576万円、年収で346万円という計算になる。

ただ実際のところ「平均営収」というのは、年々増えている年金ドライバー(年金をもらいながら悠々とタクシーに乗っている年配ドライバー)や自由な勤務の中でさぼりまくるドライバーなども含めた数字となる。

真面目にやっている若手ドライバーの平均はもう少し高くなるだろう。

2018年12月24日月曜日

タクシー漫才 「メリークリスマス!」

「こんばんは どちらまで(行かれますか)?」

「とりあえず、真っすぐ行って」

「…はい、で、どちらまで?」

「いいから真っすぐ行けや あとは言うから」

「分かりました…(こういうのろくな事ないねんな)」

「なんや、そのふて腐れた態度は! 真っすぐ行け言うんが気に入らんのか! そうか、言ってやるわ、行き先を!」

「…(なんやねん、行き先言うくらいで、その力み方 普通やろ)」

「俺の行き先はなぁ!『ウォーターゲート』や!」

「あぁ…はい」

「『あぁ』やないやろ!分かってんのか?運ちゃん。ナビ入れろよ」

「ナビ?ですか カーナビ?」

「当たり前やろ!行き先言われたらナビ入れるんがタクドラの務めやろ!」

「(…ホリエモンか)いや、ウォーターゲートって、六甲のラブホテルですよね? (ナビ入れるまでもなく)トンネル越えて、道沿い…」

「おい、こら! 今なんつった? ラブホとか言うなよ! 黙ってナビ入れろ言うてんやろ!」

「…分かりました(なんやねん、こいつ)」

「動画撮ってツイッター投稿すんぞ」

「…(ホリエモンか、ほんまに)」

「俺がな、いや男がな、どんな気持ちでその行き先言ってる思っってんねん」

「確かに、いろんな想像してしまいますよね」

「言うなー! お前ほんまになめとんか?こら」

「いや、男がクリスマスイブにひとりでラブホとか、どんなんかなーなんて」

「言うな!言うな!言うなー! お前今『ひとり』言うたな?」

「ひとりですやん」

「わー!あーーー!(頭抱える)」

「(マジやばいわ)」

「…来んねん」

「え?(声小さくて聞こえへん)」

「(声を荒げて)だから、来んねんて!女が!約束してんねん!」

「あー、そうなんですか。良いですねぇ(ラジオから、山下達郎の『クリスマスイブ』が流れる)」

「おーーーい!!!ラジオ消せ!すぐに消せー!」

「え?ラジオですか? うるさいですか?」

「うるさいから消せ」

「あーこの曲ですか 『きっと君は来ない』ってところですね 大丈夫、来ますよー」

「当たり前やろ! 語尾伸ばすな!」

「でも駅とかで来ないならともかく、ラブホで待ってて来ないって最悪っすよね(笑)」

「あー!!!笑ったー!お前今笑ったな? 警察呼ぶぞ、こら」

「そんなんで警察呼ばれたら、動画ツイッターに投稿しますよ」

「ホリエモンか、こら! 逆やろ!」

「てことは、来ないかもしれないってことですね?」

「…何言うてんねん」

「あの、『大きな玉ねぎの下』みたいなやつですか? 『ペンフレンドのー♪』みたいな」

「…(同じ世代やな)そんなんや 出会い系サイトや」

「いや、文通と出会い系サイトなら健全度がかなり違いますよ」

「…お前、俺、客やぞ」

「一度も会ってないんですか?」

「… あぁ」

「一度も会ってないのに、クリスマスイブにラブホで待ち合わせですか(笑)」

「笑うな!笑うなー!!」

「すみません」

「…自分が一番よく分かってんねん このルックスで、女寄り付くわけないって」

「そうですよねー」

「否定せんかー! 俺、客やぞ、こらー!」

「すみません」

「だから、ぶつけ本番ならいけるかもしれへんて…今日に賭けてんねん」

「きっと来ますよ もうそろそろ着きますよ」

「…」

「駐車場車入れて良いですか?」

「あぁ…」

「怖いんですか?」

「怖いことないけど…」

「わたしが見てきましょうか?」

「ええの?」

「良いですよ」

「頼むわ (あんたイケメンやし)もしおったら何もせんと戻ってきてや」

「当たり前やないですか」

「ありがとうな」

「いえいえ(面白そ) ここまで5,620円です」

「あぁ、1万円で…釣りええよ」

「ありがとうございます」




「…帰って来ーへんな、あの運ちゃん」

「お待たせしました!」

「おぉ…お…、おったんか?」

「はい 結構かわいい子でした」

「何もしてへんやろな?」

「もちろんです(ライン交換したけど) 話だけつけてきました」

「話?」

「部屋代込みで3万円です」

「???」

「最初は部屋代別で3万要求してました わたしが話つけてきました」

「あぁ…(そういうことか) ありがとうな」

「3万円払って来たんで、ここでもらえますか? 直接支払ったら雰囲気台無しですやんね」

「あー、気ぃ使ってくれてありがとう はい、3万」

「ありがとうございます 楽しんで来てください」

「あぁ…、ありがとう」

「いえいえ、動画投稿せんといてくださいね」

「何の動画や?」

「いえ…いろいろ」

「あぁ…(よく分からんけど)」

「メリークリスマス!」

2018年12月18日火曜日

0円タクシー?

0円タクシーが話題になっている。

https://dot.asahi.com/dot/2018120900008.html

が、

果たして、0円タクシーって必要なんやろか?

タクシーの広告価値については、常にその可能性を言及しているし、

その広告価値を議論する上の話題性としては面白いかもしれない

このブログもそうだが、グーグルはその広告価値を活かして利用者に様々なサービスを無料で提供することで成長してきたし、

我々も大きな恩恵を受けている

しかしこのようなネットサービスとタクシーのサービスの大きな違いは、

提供できるサービスのボリュームに制限があるかないかというところである

ネット上のサービスは広がりが無限である

そこに参加する人が多ければ多いほど広告価値は高まるし、無料にすることで参加者が増えて相乗効果が生まれる

しかし現状タクシーにはドライバーが必要で、有限のサービスになる(自動タクシーが出来れば話は別やけどな)

上の記事でも、

記者が乗車したのは8日夜9時過ぎの赤坂見附交差点近く。朝7時から運転し始め、記者はこの日11人目の乗客だという。
ちょっとこの例はひどすぎるが…(よほどさぼってるな)

タクシーを固定給にしてしまえば、こんなものである

給料分働かせるためには管理コストがかかり、それでドライバーの配分は減るという悪循環に陥る

無料にすることで参加者(または参加したい者)が増えても、それを受けるだけのキャパシティはない

結局そこに参加出来ずあぶれる者が増えるだけで、広告価値も下がる

要はタクシーに広告を付けることには大賛成だが、

しっかり料金は取るべき

という話である

広告による収入はプラスアルファとしてタクシー料金と同じように業者と運転手が折半すれば良い

それによって業者も運転手も収入が増え、管理者も運転手も収入が増えることでその質が上がる

そのような好循環を期待している

それらを踏まえた上で、今回0円タクシーという衝撃的な形でその広告価値を宣伝してくれていることは良い方に捉えるべきかもしれない

タクシーの良い時代はすぐそこまで来ている(結局は金やんな)


2018年12月11日火曜日

乗車拒否多発?

このところJPNタクシー問題に注目しているが…(何か引っかかるのか?)

https://dot.asahi.com/aera/2018120300051.html?page=1

JPNタクシーについて、いろんな意見はあるもののやはり一番の問題は

車椅子の乗車

ということになる。

障害者の方たちの利用を無視してタクシーを語ることは出来ないし、

だからと言って、

ドライバーはボランティアではない

一回の乗降で20分~30分の「サービス残業」をするわけにはいかないのである

根の深い問題ではある

「対応できる乗務員がいない」「台数が少ないのでジャパンタクシーを指名して予約できない」など8社に断られ、9社目でようやくOKの返事。ただ、「乗務員によっては不慣れで乗れない可能性もある」という条件付きだった。

これは取材のための乗車だったわけだが、

普通ここまで来るまでに諦めるやろ

という話である

ここに、このところ話題になっている

https://www.j-cast.com/2018/12/08345568.html?p=all

0円タクシーである

スポンサーの広告収入で乗車料金を賄うというアイデアであるが、

例えば広告による収入を障害者の利用に投資してもらい

1回の車椅子乗車で1000円をドライバーに支給してもらう

それによって障害者の方はUDタクシーに乗車しやすくなり、

スポンサーにとってはCSRとしてイメージアップにつながる

どちらにしても

タクシー広告は現在本来の価値からとんでもなく過小評価されている

その価値が実状に近づいていく過程で果てしない可能性がある

面白い時代がやってきた

2018年10月26日金曜日

ジャパンタクシー(JPN TAXI)問題

昨年秋にジャパンタクシー(JPN TAXI)がデビューして1年が過ぎた。

ジャパンタクシーに関しては、俺も試乗させてもらったが後部座席の窓が広く、乗客目線での視野や外観はお世辞なしで良い(シートが硬くて乗り心地は微妙やけどな)。

右後部座席の窓が開かないなんていう問題もあるが、その辺は天下のトヨタ様のことだからすぐに改良してくれるやろう(お前トヨタ馬鹿にしてるな)。

何より評価出来るのは、乗り口のステップの低さと後部座席のフラットな床(車って「床」とか言うか?)


コンフォートなんかではどうしても後部座席の真ん中が膨らんでいて、3人乗ると真ん中の人が結構しんどい(管理職っぽい人がそこに乗ると笑えるときあるよな⦅笑うな⦆)

http://car-me.jp/articles/7350/1

ちなみに真ん中の人はルームミラーでもたまにめっちゃ目が合うのだが…(そこにかわいい子が乗ったらドキドキするやんな)

まあいろいろ良い点はあるものの、問題もある

後部座席の自動ドアが動きが遅いなんてのもよく言われるが…俺も試乗したとき真っ先にこれをネッツにクレームしたが、

天下のトヨタさんのことやから、この辺の問題は簡単に修正してくるだろう(俺がトヨタ関係者なら修正したくなくなるな)

ただ大きな問題は、

車椅子の乗車である

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181020/k10011679231000.html

某テレビ局の方から上の問題に関して、いくつか質問を受けた。

車椅子の乗降に各20分かかるという問題である

ジャパンタクシーは汎用のUDタクシーとして、市場に売り出された。

車椅子のまま乗車出来るという触れ込みである。

これに20分かかる、乗降で40分

これは1分1秒を争う世界で戦うタクシードライバーにとっては絶望的な数字である。

トヨタがこのまま作り続けるのであれば、日本のタクシーは終わる

車椅子のまま乗れるというシステムを作った以上、車椅子のまま乗ろうとする乗客を拒否出来ない。

トヨタは一般ドライバーに車両を提供する点に関しては、耐久性やコストパフォーマンスなど恐らく世界ナンバーワンである。

しかしタクシーの現場をまだ知らない(上から目線やな)

ドライバーは時間を売っているのである

東京の日車営収が20時間で5万円とすると、1時間で2500円、40分なら約1500円のサービス残業になる(残業という表現は適格なのか)

働き方改革が巷で話題になっている中で、こんな事態を放置できない。

トヨタ製造現場では「カイゼン」などと1分1秒を管理しているのに、タクシー現場の40分を平気で捨てさせるんですか?

ここで基本の「利用者目線」に戻そう。

車椅子で40分もかかって乗降する利用者はハッピーですか?

こんなに時間がかかることを知らずに、ジャパンタクシーのプロパガンダに乗ってえらい目に遭っていませんか。

道端でスロープを出して準備する危険性を考えていませんか?

事故が起きたらどうしますか?

事故が起きてから変えるんですか?

ジャパンタクシーは障害者の方も軽視していませんか?

東京日交の川鍋さんはイケメンやけど(関係ないやん)、東京オリンピックまでに4500台ほどの全車をジャパンタクシーに更新すると言われてるらしい(自社のアプリ会社と同名やからトヨタとつながってるんやろな)

でも今のままやと、先にジャパンタクシーを導入した会社が負け組になるかも

幸い関西の事業者は賢いので、まだジャパンタクシー導入に本格的に踏み切っていない。

トヨタさん、とにかく現場に(俺に)聞いてくださいよ

ドライバーと一緒にゆっくりと本物のジャパンタクシー作っていきましょう。

そうすれば、いつかジャパンタクシーが世界のスタンダードになる日が来るでしょう。