2018年4月24日火曜日

タクシーストーリー③~面接

応接室の席に座ると、お茶が出された

俺はその色の薄いお茶と窓の外の景色を眺めていた。

緊張からなのか、元々いらち(すぐにいらいらする性分)なのか分からないが、待っている時間が長く感じられた。

後に分かることだが、タクシーは「待機商売」である

よく釣りに例えられるが、確かに近いものがあるかもしれない。

ゆったりと待つことが出来れば楽しめるのだが、実際に稼ぐドライバーは「いらち」が多い。

応接室のドアが開いて、3名ほどの事務方が入ってきた。

最も年配に見える一人が教育課長、40代に見える女性が人事課の担当者、40前後に見える男性が教育課の肩書なし(書記?)と紹介された。

面接はほとんどがその教育課長とのやりとりだった。

「えっと…(2種)免許は持ってないよね」

「はい」

「1種(普通免許)取ってから3年以上経ってるね…(履歴書を見ながら)2種の取得費用は全て会社持ちになるから心配要りませんよ」

「はぁ…ありがとうございます。2種免許取得にどのくらいの期間がかかるんでしょうか?」

「自動車学校の合宿が1週間程度かな、あとは試験場で学科試験になるけど、うまくいけば10日もあれば取れますよ」

「学科とか、難しいんですか?」

「難しいですよ(笑)。2種は90点以上取らないと合格出来ないからね。ただ○×式やし、しっかり勉強すれば大丈夫です」

「分かりました」

「免許が取れたら、こちらでの教習が約10日間、さらにタクセンでの講習が3日(28年10月よりバリアフリー講習が追加されて4日間)あって、そこで地理試験に合格して登録運転手となります」

「結構大変ですね…地理試験ていうのは…」

「難しいよ(笑)。そこまではまだ時間あるからしっかり勉強しておいてください。地理試験用のテキストはこちらでお貸しできます。あと要請から教習の期間中もね、全て手当が1日1万円付きますから、生活の心配は要りません」

求人案内では、さらに「入社準備金10万円」とある。

海外の放浪で良い歳(30歳)して手持ち金がほとんどなかった自分にとってはありがたい制度であった。

「そういうお金って、やはりすぐにやめたら返さないといけないんですか?」

「研修期間中の日々の手当てについては、それに当たりませんが、2種の要請費用と入社準備金に関しては1年以内で退社した場合はその一部を返済してもらうことになります」

「いくらくらいになるんですか?」

「すぐにやめたら30万円くらいかな。うちで2種免許取って他社に行ったら2種持ちのタクシードライバーとして採用されるし、また準備金ももらえることになるからね」

「…そんなことは考えてませんが」

面接というよりは、入社説明会のようになっていた。

「ところでタクシードライバーとしてはお若いですが、また何故タクシーに乗ろうと考えたんですか」

大阪のドライバー2万人余の中で20代のドライバーは200人(1%)に満たない。

平均年齢が60歳を超えると言われる世界で、自分の年齢は確かに若い。

しかし「若いのに何故」という質問には違和感を覚えた。

「はい。単純に街を見るのが好きで、運転が好きで、動いていないと気が済まない性分です。人と会って、話をするのも好きです。タクシーは日々出会いの連続のようなイメージがあって魅力を感じました」

「ふんふん…出会いの連続ですか。確かにその通りです」

「あと…生意気なことを言うようですが、わたし若い頃からいろんな国を放浪してまして、時間に対する感覚っていうか、そういうことを考えることが多かったです。

アメリカのような裕福な国では忙しく働いている反面、時間のゆとりもある。でも国境を越えてメキシコに入ると、時間のゆとりがなくなる気がしました。

それが生活感に出てきて、着るものや、街の風景にも現れてくる…食べるものはメキシコの方が美味しいんですけど…

日本はメキシコほどではないですが、まだ時間のゆとりがないような気がします。

タクシーって表面的には移動を助ける仕事のように見えますが、実際は時間を売る商売だと思うんです。

アメリカの金持ちはうまくタクシーを使って…最近はウーバーなんかも使ってますが…貯めた時間をスターバックスで贅沢に何もせず過ごすみたいな。

うまく言えないんですけど、タクシーが日本人にゆとりを与えて、金銭的よりも時間的に豊かな国になれる気がするんです。

そして何より、『時間的に最も豊かな仕事』がタクシーに思えました」





2018年3月29日木曜日

タクシーストーリー~ぼくがタクシーを選んだ理由②

忘れもしない、面接の日はまだ肌寒くて、これから何か新しいことを始める期待感と、

何かどうしようもなく心に引っかかるものを胸に抱えて

会場の事務所に向かった。

「心に引っかかるもの」とは、

本当にタクシーで良いんだろうか

という漠然とした思いだった。

「タクシーに乗りたい」

「めっちゃ楽しそう」

という気持ちの裏に何かタクシーに対する暗いイメージがあったことは否定出来ない。

まだ20代、他の可能性も十分に求められる時期である。

ただその暗いイメージはなかなか心の中で具体的に固まることはなく、

一体何故世間がタクシーというものに暗いイメージを添付するのかが結局分からなかった

面接会場の事務所が信号の向こう側に見えた。

赤信号で止まっている間、道の向こう側に見えるタクシーの事業所を見据えていた。

青信号になっても動かずに止まって、少し考えた。

俺は間違っていないやろか…

信号はまた赤になった。

次の青信号で俺は歩を進めた。

若かったのだろうか。

俺がイメージを変えてやる

とまでは思っていなかったかもしれないが、迷いのない歩を力強く進め、信号を渡った。

2018年3月22日木曜日

タクシーストーリー~ぼくがタクシーを選んだ理由①

厳しい冬を超えて、暖かい風がなんとなく心をいやしてくれる。

めっちゃ前向きだったわけでもない

だからと言って、後ろ向きに生きてもいない。

運転が好きだし、地図を見るのは得意だった。

タクシーという仕事が楽しそうに思えた

若い頃から海外を放浪して、学歴も職務経験もほとんどないが、コミュニケーション能力は高い方だ。

どちらにしても、学歴とか経験とかいう世界に俺は入りたくなかった。

海外を放浪した後は、またこのどうしようもなく奇妙で、また魅力的な街、大阪を放浪してみようとこの世界に入ってきた。


2018年2月24日土曜日

黒子タクシー?

これ面白いね

https://youpouch.com/2018/02/23/493615/

横浜に本社のある三和交通のサービス

黒子タクシー

とのことだけど…

「しゃべらない」タクシーとしては、京都都タクシー

サイレンスタクシー

も話題になっていたが、

この黒子タクシーは、

話しかけられてもしゃべらない(筆談やジェスチャーで対応する)

さらに黒子の衣装までまとう

ちょっとあほらしくて笑える

もっと笑えるのは、

しゃべらない上に追加料金がかかる(予約310円)

タクシー会社としては、そのためにわざわざ衣装等の準備をするわけだから、追加料金は当然と言えば、当然だが…(そこまでするか)

ここで考えるのは、

今話題の自動運転タクシー

これも導入当初は追加料金がかかるだろう(設備投資ハンパないやろしな)

しかも自動運転車に搭載するシステム等の限界や、セキュリティ問題も絡んで、

家の前まで車両は入れません

会社の敷地内まで入れません

幹線(広い道路)沿いで降車してください

なんてことになるんだろう

そんなこんなで売れるのは、ドライバーつきのタクシーばかり

駅や車庫で売れずに何時間も止まっている自動運転車の中で、

やってらんねーよ!(AIの叫び)

が聞こえることやろう

2018年1月23日火曜日

個人タクシーって儲かるの?

年明けから随分と投稿が空いてしまったが…(そのうち見放されるで)

冒頭の個人タクシーについては、よく聞かれるところである。

特にこれからタクシーに乗ろうと考えている若い世代(40代くらいまでは「若い世代」と呼ばれる世界です)にとっては、将来の目標として気になるだろう。

個人タクシーになって後悔してます、または法人に戻りましたなんて話はあまり聞かないけど、

どうなんでしょう?

日本のタクシー制度の下では、法人タクシードライバーを(最低10年)経験しないと個人の資格は取れないので、

法人の方が良ければ戻るでしょう

いろいろ要件→http://www.kojin-taxi.or.jp/taxi/jigyohnushi.html (最低200万は預託するようなもんやな)もあるし、

試験→http://www.kojin-taxi.or.jp/documents/shiken_chiiri.pdf(結構難しいな…) もあるから、

せっかく取った資格を簡単に手放すこともないやろけど、

やっぱり生活かかってるから、あかんかったらやめるでしょう

わたしの知る限り、都市部の個人さんは楽しそうにやってますよ(というより、個人タクシーは基本都市部しか出来へんけどな)。

では、どのくらい儲かるのか?

少し前のデータになるが、2016年度の都内個人タクシー(やっぱ東京が一番儲かるやろな)の平均営収が、

659万4292円 実働日数約254日(月約21日勤務)

諸経費

燃料費 約53万円
車両修繕費 約26万円
減価償却費 約60万
※車両購入費を何年か(多分5年くらい)に分けて経費勘定にするもの
その他経費 約151万
※ここは個人事業ですから、想像にお任せします(個人的費用もなんぼか入ってるやろな)

差し引きした利益が約367万円

微妙な数字やね。

年金もらいながら、悠々と仕事されてるシニアがほとんどであることを考慮すれば、

現役世代の利益は2,3割増し(440~480万)くらいかな

一方法人タクシーに関して、

昨年11月の都内タクシーの日車営収が47,916円

月12乗務として、月平均営収が約57万5千円

12か月続けたら、年間営収が約690万円

歩率が63%とすると、年間収入は約435万円

微妙やねー(こっちも年配ドライバーが多いから、現役世代の年収はもっと高いやろしな)

個人である程度のリスクを取って自由に仕事するか、法人である程度管理されながらもリスクなしで仕事するか。

収入的にはあまり違いなさそうやけど…

ご意見あれば、お願いします。












2017年12月11日月曜日

日本のタクシーはロビイングがすごすぎる?

堀江さん(堀江貴文氏)はほんまにタクシー議論が好きやね

「日本のタクシーはロビイングがすごすぎる」

今回もこちらで2ちゃんねるの、ひろゆき氏と短いタクシー業界批判を繰り広げてる。

ロビイングとは?

企業業界団体市民団体などが、政策政治的判断自分たちに有利な方向進んでいくようにするため、議会外の場で政治家はたらきかけることを意味する語。「ロビー活動」とも言う。


ということであるが、確かに東京ハイヤー・タクシー協会会長の川鍋一朗氏(東京日本交通社長)は自由民主党重鎮である中曽根弘文氏(中曽根康弘元首相の長男)であり、義兄弟の中曽根康隆氏は今年の選挙初当選だが、ゆくゆくは首相の座も狙える超エリートである。

そんな家族を持つ川鍋氏によるに政治への影響は想像に難くない。

それなら、日本のタクシー業界は彼に守られているのか?

というと必ずしもそうではなく、他の先進国とは違った日本の特殊事情がある。

日本におけるタクシードライバーの人手不足は今さら言うまでもないが、その他の業界も軒並み人手不足に陥っている。

人手が足りない中で現在職を持つ労働者の賃金減少は予想出来ず、求職者に対しても多くの選択肢が与えられている時代である。

ウーバーのようないわゆる個人事業の新サービスに乗り出すリスクを負う必要もないし、何よりもともと日本人は起業意欲が最も低い人種である。

ウーバーのライドシェアサービスが解禁されたとしても、そこに乗ってくるのは仕事を転々として何をやっても落ち着かない若者が多いだろう。

そんな若者たちの「白タク」がサービス面や安全面でどんなものかは議論するまでもない(どっちにしてもすぐやめるやろ)。

ウーバーは黒船でもなんでもないのである

そんなことより日本の特徴はタクシードライバーの結束力、スマホ時代になりこれを何かの形にすればめっちゃ面白いものが出来上がるはずである(タクドラ専門のSNSとかな)。

2017年11月29日水曜日

走行区間対応広告

以前からこのブログに書いているが(しっかり更新しろ)



タクシーの未来は広告にかかってる

ということ

仕事そのものは面白くて、社会的必要性も申し分ないのに、タクシードライバーの社会的地位がどうしても上がらないのは、

言うまでもなく、収入

この収入を上げるためには、

①普通に利用を増やす

②料金を上げる

③その他収入を増やす

というところになる。

①、②については裏表の部分があるが、

どちらにしても今後供給が減っていくことが避けられない中、

ドライバー個人の収入が少しずつ上がっていくのは確実と言ってもよい

そして回転が増えると、好循環になるのがビジネスである。

駅で止まっているタクシーの広告価値はあまりない。

しかし動き出すことで、ぐっと価値が上がってくる

従来からある車外広告については、業者が営業と工夫を凝らして、

どんどん広告値段を上げていけるはずである(そもそも今んとこ業者が広告収入を運転手に還元してへんのが問題なんちゃうの)。



さらには利用が増えることで、

最高の広告媒体はタクシー? 日本交通の「その人向け」広告流すシステムが大盛況

この記事にある

走行区間対応広告

というのは、バスかタクシーにしか出来ないよね

すごく未来のある話だと思う(ポジティブやな)

このような車内広告の露出もどんどん増える

広告価値が上がっていけば、

ドライバーの収入はどんどん上がり、

さらにはその広告収入を還元して、

料金を下げることも出来る

広告こそ素晴らしいタクシーの未来を作り上げることが出来るのです